ちいきラボニュース

ChikiLab News

ちいきコン2017の大きな特徴3つ解説!

2017.10.26

みなさん、こんにちは!
ちいきコン広報から今回のちいきコンの特徴をご紹介していきたいと思います!

 

目次

①地域創生×IoTに触れることができる
②リアルファンディングで地域を応援できる
③縦横のつながりが作れる

 

①地域創生×IoTに触れることができる

「地方創生を実現する最新IoTの取り組み」
「疲弊する地方はテクノロジーで救えるのか?」をテーマにゲストスピーカーの方によるパネルディスカッションを行なっていただきます。

 

当日ゲストとしてお話していただくのは、、、

 

株式会社ゼロスペック
エンジニア金子恵一氏

MIKAWAYA21株式会社
経営企画部 部長 神谷 智子氏

株式会社KADOKAWA アスキー編集部
大谷イビサ氏

の3名です。

 

アスキーの記者である大谷イビサ氏が北海道を舞台に灯油タンクの残量検知をIoTで実現するゼロスペック、
高齢者と家族をつなぐ「MAGOボタン」を手がけるMIKAWAYA21をゲストに迎え、地方創生とテクノロジーの可能性を探ります。

 

②リアルファンディングで地域を応援できる

参加費のうち半分はRE代として、参加団体に寄与されます。

 

RFとはリアルファンディングのことで、当日、チケットの形にして直接支援団体に渡すことができます。応援金、寄付みたいなものだと思っていただけるとわかりやすいと思います。

 

つまり、チケットの値段の半分は、ご自分でいいなと思った団体に寄付できるんです!

 

コンテストでの各団体の活動、発表内容を聞いて、応援したい!と思ったところに渡したり、またはご自身の地元の団体にお渡しする方もいらっしゃいます。

 

一緒に地域のことを考えましょう!

 

 

③縦横のつながりが作れる

地域で抱える問題には共通点があるにも関わらず、今までは地域活性化を行なっている団体や人同士の交流の場がなかなかありませんでした。

 

そこでちいきコンではそれを解決し、相乗効果で地域を盛り上げるべく取り組んでいます。

 

コンテスト後の交流会では地域に対する思いを語り合ったり、参加団体同士、または地域で活躍されている先輩方と交流を深めていただきたいと思います。

 

みなさまのご参加お待ちしております!

 

一般観覧者の申し込みはこちら


 

加盟団体一覧

ちいきラボに加盟している団体を検索できます